インドの青鬼

『インドの青鬼』とは。

ヤッホーブルーイングを代表するIPA。

このIPAは本当によく造られていて、強烈なホップ苦味と濃厚なモルトの風味!
めっちゃ苦いけどめっちゃウマイ!

ホップ好きにはたまらない一品です♪

「にがい魔の味インドジン」
「インドの青鬼」は、苦味が強烈な個性派ビールです。
味の特徴はまさにホップの苦味と深いコク。
口に含んでみると「ニガッツ!」と思わず声に出てしまうほどの強烈な苦さの中に、モルトの風味をしっかり感じることができるため、一度ハマるとクセになってしまう味わいに仕上がっています。 (公式HPより)

基本情報

味わってみよっ♪

インドの青鬼

インドの青鬼

≪印象・特徴≫

IPAにしては色は薄めかな?
見た目とは裏腹なホップの濃厚な香り、
旨味、スパイシーもある苦味がしっかりきいている。
全てバランス良し!
苦味の中に旨味を感じる。

じゃお ぴの
香り ★★★★☆ ★★★★☆
喉ごし ★★★☆☆ ★★★☆☆
キレ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
旨味 ★★★★☆ ★★★★☆
苦味 ★★★★☆ ★★★★☆
濃厚さ ★★★★☆ ★★★★☆
総合 ★★★★★★★★☆☆ ★★★★★★★★☆☆
感想 IPAにハマルきっかけになったビール。
つまみはいらない。
じっくり味わいたくなる。
苦い!うまい!
余韻の中にコクを感じられる。
嫌なロースト風味はなく、いつまでもいい香りが続く。7%だけどアルコール臭もなし。
スポンサーリンク